ナゴヤの“女磨きマガジン”月刊ケリー

 

2011年05月08日

TIM WALKER part2

近日全国公開予定と噂されているmovie。


TIM WALKER初の短編movie「THE LOST EXPLORER」

公開が待ちきれず、一足お先に作品集をget!

THE LOSTEXPLORER.jpg


原作となっているPatrick Mcgrathのオリジナルの短編と共に、美しい映像の一コマ、撮影台本への注釈等が収められている魅力的な1冊。


然し如何せん、語学力の乏しい私には全く読めず、、、、(涙)もうやだ〜(悲しい顔)


早く公開されないかしらぴかぴか(新しい)



でもTIMの作品は至る所で出逢えるのです黒ハート


前回同様、ミューズにScarlett Johanssonを迎えた「Moet & Chandon」からは、こんな素敵なキャンペーンが登場☆


MOET.jpg


http://moet.jp/


前回のgorgeous&sexyとは打って変わり、マグナム片手に、glass towerを登っている姿が何ともcuteハートたち(複数ハート)


このビジュアル、何処かで見た事あるな???


2005  British Vogue.jpg
UK VOGUE 2005:oct


全く違うのですが、空気感でしょうか?

このビジュアルが頭のあったので、すぐに彼の作品だとピン!ときましたよ♪


又、この沢山の風船使い!!!


TIMの作品には、小道具として風船が多々演出に適用されます。

TimWalker0.jpg

vogue_italia_january_2010_at_home_08.jpg


何ともfantasticハートたち(複数ハート)


こちらのビジュアルの方が、御存知な方が多いでしょうねぴかぴか(新しい)


Miss Dior Cherie.jpg


去年の「Miss Dior Cherie」のキャンペーン・ビジュアルです☆

他にも可愛いのが一杯ハートたち(複数ハート)


c0150636_1832065.jpg77bbaf88[1].jpg


8ce8d33d[1].jpg


177f583f[1].jpg

b0f9b76d[1].jpg


TIMの世界にはLove&fantasyで溢れていますハートたち(複数ハート)


でも一番の魅力は、只のHappyでは収まらず、surでいてfantasticな世界感!!!


見ているだけでHappyになれます黒ハート


又、コチラSofia Coppolaがfilmを手掛けた事で話題になりましたね!


悲しいかな。日本では流れませんでしたね、、、もうやだ〜(悲しい顔)


modelのMaryna Linchukを起用し、Parisの街中を自転車で駆け巡る姿が何ともcuteるんるん


Sofiaらしく、透明な空気感漂う何とも素敵な映像美。

アングルやカット割りも文句無ですね!

YOUTUBEが上手に添付出来ないので、コチラ↓で再度楽しんで下さい。

http://prehome.dior.com/prehomeflashmdc.htm


やはり、素敵☆


TIM WALKER × Sofia Coppola。なんて最強コンビなんでしょうぴかぴか(新しい)

今年はNatalie Portmanをミューズに迎え、マタマタ素敵なfilmを発表ぴかぴか(新しい)


NATALIE-DIOR[1].jpg


前回がHappyが一杯だとしたら、今年はLoveが一杯ハートたち(複数ハート)


BGMにJane Birkin謳う「Je t'aime」を使用するトコロが何とも憎いキスマーク


観ているだけで幸せが連鎖反応してきますぴかぴか(新しい)



又、前回同様3D形式となっているサイトは遊び心満載!

チェキラッぴかぴか(新しい)

http://www.dior.com/


只今公開中のSofia Coppolaの最新作「SOMEWHER」。


001.JPG



http://www.somewhere-movie.jp/index.html


先日観てきましたが、Sofiaの世界観が本当に素晴らしい!

彼女の映画は、Happy endで終わる事って余りないのだけれど、何気ない日常の空気感がとてもpureで、、、。


キャスティング、映像、音楽etc etc どれをとっても正にツボですッリボン


映画と云えば、5月11日公開 Natalie Portman主演の「BLACK SWAN」


5月28日公開 「ケンズブールと女たち」

http://www.gainsbourg-movie.jp/

愉しみです☆


この春は「YSL」に始まり好みの映画が盛り沢山!


嬉しいNaるんるん

posted by takayo at 23:15| movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月28日

YSL

去年から楽しみにしていたmovieがこの春、日本で公開に!!!



そのタイトルは、、、


「YSL L'AMOUR FOU」


http://www.ysl-movie.com/

そうです!


フランスの国宝的人物。

永きに渡り、Fashion界に革命を起こし続けたデザイナー、Yves Saint Laurent


YSL 004.JPG


彼の生み出したMoodは数えきれません!!!


60年代の代表的な作品


YSL 012.JPG



1965年に発表した、Pop Art collection 「Mondrian Dress」。


抽象絵画を代表する画家、「Piet Mondrian」をdressにしてしまうなんて!

スウィンギング・ロンドンがMood界を席巻していた、1960年代を代表するicon的dress.。


この時代は、A・warholのイラストがプリントされたpeper dressが発表されるなど、正にartとfashionの融合が誕生した時代!



翌年'66年には、またまた新鮮な「Safari Jacket」を!


YSL 010.JPG


当時のsuper Modelにして、Yvesのmuse、「Veruschka」。


このSafari lookは、現在でもあらゆるデザイナーにinspirationを与えており、幾度となくトレンドitemとして打ち出されていますよねわーい(嬉しい顔)


でも、Veruschkaの着るoriginalには敵いません!!!


Veruschka、素敵です黒ハート


YSLとは関係ないですが、彼女が出演している映画「Blow Up」、衣装、音楽、インテリア、どれをとっても素敵ですよぴかぴか(新しい)


Blow up.jpg


映画と云えば、「Catherine Deneuve」。


Yvesのmuseでもあり、公私共に親交深かったC・Dneuveの主演映画「昼顔」。

1967年の作品ですが、この作品から彼女の衣装はYSLが一貫して担当していたようです。


YSL 015.JPG


内容的には、密に娼婦願望を持つ、美しく貞淑な人妻(C・Deneuve)が危険な生活に足を踏み入れ、次第に堕ちていく、、、


と、ちょっと過激!?な内容ですが、Deneuveの美しさ&YSLの上品さも手伝い、下品になる事無く昇華され、妖艶さを含んだ素敵な作品になっているのです。


白い襟&カフ付きのLBD、エナメルのトレンチコートetc etc。

オシャレなヒントが一杯です!



以前のblog、「Helmut Newton」の時にもupしましたが、女性のタキシードstyleもYSL抜きには語れません!


YSL 016.JPG


こちらは「Mario Testino」が撮影した作品ですが、、、。



'60-'70年代は正にFashionの革命的時代で、originality溢れる作品が数多く輩出されてきたけれど、

50年以上、hautecoutureを大切にし、たった1人でチーフデザイナーを務め、

常に時代の半歩先を見据えながら、革命的なシルエットを打ち出しfashion界を牽引し続けたのは、

もしかしたらYSLだけではないでしょうか?


また、洋服だけに留まらず、アプローチ手法も他とは一線を画しています。

YSL 002.JPG


見事な肉体美!


見るものに鮮烈な印象を与えます!


 
2002年 惜しまれながらも現役を引退。
     引退と共に、Yvesの血、人生そのもののHautecouture部門はcloseしてしまうのです。


丁度この頃、プレタポルテを担当していた「Alber Elbaz」(現LANVINのデザイナー)から「Tom Ford」に交代し、そこから「YSL rive gauche」の快進劇がstart!


それはそれは素敵なcollectionで、2001~2004年と短かったけれども、数々のHit商品がNEW


その時代のcollectionはとても好きでしたので、shoesやbag等のアクセサリーを愛用していましたわーい(嬉しい顔)


現在は「Stfano Pilati」が後継デザイナーなのですが、「Jil Sander」のデザイナー「Raf Simons」に白羽の矢が立った、だの、違うだの、、、目


行方が気になる次第です手(グー)


又しても話が反れてしまいました、、、ふらふら



2008年 死去。

2009年 parisで開催されたオークションでは、彼の愛用品、収集していた骨董品等が世界中のfun達に譲られ話題になりましたよね。


その後、元祖スーパーMODEL、Carla Bruni大統領夫人の後押しもあり、大回顧展が開催され、、、


と来れば、、、目



絶対、映画化されると思っていた訳なのでするんるんるんるん



以前、テレビでYSLの特集が組まれており、


アトリエで、定番の白衣姿で心配そうにcollection checkするYves。

マラケッシュの別荘で、美しい庭園を案内するYves。

どちらの姿も、ガラス細工の様に繊細に映りました。


Mood界の帝王と呼ばれたYves。


思想、革命、愛、絆、喜び、そして大きな苦悩、、、。


彼の素顔は?


早く観たいNaるんるん



公開は4月23日〜

TOHO六本木ヒルズ、

ヒューマントラストシネマ有楽町


5月7日〜

大阪 TOHOシネマ梅田

京都 TOHOシネマ二条

兵庫 TOHOシネマ西宮


で公開されるそうぴかぴか(新しい)



アレれ、、、がく〜(落胆した顔)


名古屋は、、、、!?!?


何時から何処でやるのでしょう???










posted by takayo at 02:11| movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月11日

TIM WALKER

この名前を聞いてPIN!とキタあなたは、中々のfashion peopleですね☆


VOGUEをはじめ、数々のfashion magazine、広告キャンペーンで一際異彩を放ち、彼特有のfantasticな世界観を魅せてくれます黒ハート



TIM WAKLER.jpg



数いるphotograherの中でも、個人的には群を抜いて一番好きぴかぴか(新しい)



Candy Cat's.jpg

HORSE.jpg


こんなcandy colorな動物達、誰が想像するでしょう!!!


Doll.jpg

Fantasy.jpg


彼の真骨頂!と言っても過言ではない!?、romantic&fantasticな世界感リボン


そして、

HOUSE.jpg

こんな風にラッピングされたらハートたち(複数ハート)と、女心を鷲掴み状態のビジュアルが〜!


コレ、欲しいです(笑)プレゼント


写真集自体、数年前に発売された物にも拘らず、何度手に取っても飽きる事なく、どのページも本当に素敵で、ページを捲る度に恍惚し、その素晴らしさに一人感嘆してしまうのですぴかぴか(新しい)


正に、この写真集は私のバイブルですねリボン


去年発売された、米BAZAARでのTIM BURTON × TIM WALKERのW TIMページが本当に素敵で、観る度に心酔し、夢と感動を与えてくれますハートたち(複数ハート)


tim-walker-tim-burton.jpg



そんな彼が、今回初監督を務めた短編映画「The Lost Explprer」が完成されたとの事るんるん


http://www.telegraph.co.uk/culture/film/7939017/The-Lost-Explorer-Tim-Walkers-flight-of-fancy.html


本作は、TIM同様イギリス人で、異色作家と呼び名の高いパトリック・マグラアの小説をベースにした作品。


u~む、彼がどの様にこの小説をeditorialしたのか。。。

原作、読みたくなりますね!!!


先月9月にプレミアム上映され、fashion界の重鎮アナ・ウインター様初め、評判はとても良いそうぴかぴか(新しい)



日本では何時公開されるのかな???

来年かな?

再来年かな??


それに伴って、TIM WALKERのexhibitionやってくれたら嬉しいな。

2007年にはドイツで、2009年には確かミラノで行われていたハズ!


なら日本でも是非!!!


映画共々、日本での公開を期待していましょるんるん








posted by takayo at 23:41| movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月05日

密かな楽しみ♪

去年から、Zu-------と楽しみにしていた映画が、やっとこの秋名古屋でも公開されるみたい♪♪


以前このblogでも書いた「A single man」


http://www.asingleman-movie.com/#


あのTom Fordが手掛け、カンヌ映画祭では、主演男優賞を受賞するなど、何かと話題のこの映画。


未だか、未だかと首を長ーくして待っていた方も多いのでは?


東京では去年「東京国際映画祭」にて、一足お先に世界初一般公開されていたようなので、観られた方もいるのでしょうねわーい(嬉しい顔)


羨ましい、、、目


名古屋では、10月〜センチュリーシネマにて公開されるそうぴかぴか(新しい)


早く観たいワン犬


その他、とても興味深く思っているのは、、、。


故 Isabella Blowの人生が映画化される事!!!


いつもフィリップ・トレイシーのecceentricな帽子を被り、颯爽とコレクション会場に現れる姿をパパラッチされていたIsabrlla。


今は亡きA・マックイーンや、フセヤン・チャヤラン、またmodelのステラ・テナントを、まだ無名だった時にいち早く目を付け、世界に送り出した事でも有名な凄腕Stylist。



雑誌で見る度に、意思の強そうな瞳&originality溢れるstyleが気になる存在に。


また最近、遺品をChiristie's auctionで競売に掛けられる予定だったのを、盟友?ソーシャライトのデルフィーヌ・ギネスが個人で全てを買い取ったのも話題に!!!


共にfashionを愛しているからこそ、なのでしょう。

そんな話題を聞くと、益々Isabellaの魅力が知りたくなります。


脚本家、producerも決まり、親交の深かったF・トレイシー、J・ガリアーノ等多くのファッション関係者達が出演するそう。


卵巣ガンの闘病中の最中、自ら命を経ってしまってから、まだ3年しか経っていない。


不謹慎かもしれないけれど、彼女の情熱の温もりが残っている内に、彼女の事を知りたいと思ったのです。


卵巣ガン、女性なら他人事とは思えないですよねふらふら


日本では、一日に約10人が子宮頸ガンで命を落としているそう。



そして、30代は子宮頸ガンの発症がピークな年代!!!

20〜30代の女性患者が一番多いのです。


また、初期段階では殆ど無症状なので、検診などで見つかる事も少なくないそう。


ごく初期に発見出来れば、多くの場合子宮を温存する事ができますが、進行すると全体の摘出!!!や、放射線、薬を使った治療が必要となり、妊娠、出産に影響を及ぼします。


何事も、早期発見&対応重要です手(グー)


こちらのサイトで色々詳しく教えてくれますよ!


http://allwomen.jp/


子宮ガン検診、私も本日行って参りましたけど、定期的に行かねば!ですね手(グー)










posted by takayo at 00:07| movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月12日

シャネル&ストラヴィンスキー

先日やっと、「シャネル&ストラヴィンスキー」を観に行ってきましたわーい(嬉しい顔)



シャネル.jpg




http://www.chanel-movie.com/



去年から、シャネルに関する舞台&映画が次々に上映されていますが、私的感情としましては、3作品の映画の中では、本作品が一番良かったでするんるん


シャネルを演じる「アナ・ムグラリス」は、実際、’02年以降シャネルのミューズとして広告に出演、またシャネルのアンバサダーでもあり、アナの声からインスパイアされ作った「アリュールセンシュエル」が発売されたりと、正にハマリ役。


また、現シャネルのデザイナー「カール・ラガーフェルド」とシャネル社が協力している点も、この映画の最大の魅力の一つ。


アナ・ムグラリス演じる「シャネル」が何とも言えない素敵な事!


強いのに官能的キスマーク


正にFamme Fatale!!!


「NO5」を創るシーンで、

「花の香りは要らない。私の欲しいのは女の香り」 (、、だったかな?)

とシャネルが調香師に言う台詞がとても印象的でしたキスマーク


名古屋では「名演小劇場」にて上映中。


お薦めでするんるん



シャネル繋がりでいくと、、、、。


久しぶりに「VANESSA PARADIS」が、シャネルのCMにぴかぴか(新しい)


大きな鳥かごの中で、黒い羽を付けたVANESSAが、ブランコに乗っていたCM!


衝撃的に可愛いかった〜ハートたち(複数ハート)


かれこれ20年近く前の事、、、exclamation×2exclamation×2exclamation×2


今度は、新リップステック「リュージュ ココ」。


3月末発売なので、そろそろテレビでお目見えしそうですぴかぴか(新しい)

楽しみ〜グッド(上向き矢印)



フランス繋がりでは、稀代の伊達男、セルジュ・ケンズブールの伝記映画「Sergu Gainsbourg,vie heroique」(原題)が待ち遠しいハートたち(複数ハート)


皆大好きな、ジェ−ン・バーキン、B・Bこと、ブリジット・バルドージュリエット・グレコ(アナ・ムグラハムが演じる)等、彼のミューズだった女性をフランスの女優達が熱演ぴかぴか(新しい)



ヴァネッサ・パラディもミューズだったのに、映画の中には出てこないのね〜。


これらのミューズと言うことは、主に60〜70年代をクローズ・アップしてるのかな?
(憶測ですが、、、)


個人的に一番好きな時代なので、そしたら嬉しい黒ハート



日本公開が決定されていない作品ばかりに目がいってしまいますが、色々待ち遠しいですわーい(嬉しい顔)








posted by takayo at 00:06| movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月29日

Tom様

来年の楽しみの1つ。

トム・フォード監督の映画

「A SINGLE MAN」

シングル・マン.jpg


http://www.afpbb.com/fashion/4786848

ヴェネチア映画際でも高い評価を得ていて、主演のファースはヴェネチア国際映画際で、最優秀男優賞を獲得!!!

この映画の原作は、1964年 作者クリストファー・イーシャウッドが書いた同性愛の2人の人間模様、孤独、人生等がテーマ。

トム自身ゲイなのだけど、雑誌のインタビューで、
「自分がゲイと言うことは、人生の重要項目トップ10にも入らないよ!」
と。


私はごく普通なノーマルな人間なのだけど、何だかハッとさせられたました。

うわべじゃなく、内面を見よ!と。


原作読みたくて、探しているのだけど、日本訳されていないのかな?
中々見つからずで、、、(涙)。


今、探してもらってま〜するんるん


トム・フォード時代のGUCCI、スッゴク素敵でしたよね〜!!!

勿論、その後のYSLも黒ハート

コレクション発表する度に、目からウロコというか、素敵で素敵で黒ハート黒ハート黒ハート


強くて、セクシーで、健康的でラグジュアリーぴかぴか(新しい)


そんな人が創る映像を、早く見てみたいです〜グッド(上向き矢印)


そうそう、マドンナもウィンザー公爵夫人のラブストーリーと現代のラブストーリーが絡み合う内容の脚本を制作したみたい!

いつ映画化されるのかな?

それも楽しみで〜すグッド(上向き矢印)
posted by takayo at 22:44| movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月21日

coco CHANEL

最近のマイブームは「伝記」。

つい最近読んだのは「CHANEL」

シャネル BOOK.jpg


久しぶりに図書館に行ったら、目が合っちゃって黒ハート


偶然にも去年、生誕125周年を迎えた「CHANEL」。
今年は2本、来年1本と、CHANEL−MOVIEラッツシュです!

全くシャネラーではないのですがわーい(嬉しい顔)、やはり永遠の憧れのブランド黒ハート

シャネルを身につけると、何故か特別感を味わうのは、きっと私だけじゃないはずるんるん

先日、この夏公開される「coco CHANEL」の試写会に行ってきました〜るんるん


シャネル カタログ.jpg


公式サイト  www.coco-chanel-movie.jp

この映画では、シャーリー・マクレーンが晩年のCHANELを演じてます。

ん〜、シャネルにしては大柄かしら?

でも、晩年のCHANELは凄みがあるので、以外とそっくり?

シャネル OLD2.jpg
シャネル OLD1.jpg




※著作「シャネル スタイルと人生」より、カムバック後のCHANEL。

でも、若い頃は本当に美人〜ぴかぴか(新しい)

恋多きCHANEL、納得です!


シャネル 1.jpg
シャネル 2.jpg




シャネル 3.jpg
P1070319.JPG






※著作「シャネル スタイルと人生」より。

偶然にも、本を読んですぐ映画を観たので、彼女の癖、態度、アイデア等、文章で表現されている事が、映像になっているし、映像だけでは見過ごしてしまう様な、意味合いも分ったりして、ちょっと違った観点で観れて楽しかったでするんるん


秋公開予定、オドレィ・トトゥ主演の「ココ・アヴァン・シャネル」では、孤児院で育った幼少期からデザイナーとして成功するまでの半生にフォーカスして。

2010年公開予定、アナ・ムグラリス主演の「シャネルとストラヴァンスキー」では、ロシアを代表する天才前衛作曲家、イゴール・ストラヴァンスキーとのラブ・ロマンススにフォーカスして。

本の中では、ストラヴァンスキーとの恋愛は以外と短く、他にもっと影響を与えた恋人達がいたのに、何故?

映画を観てのお楽しみですね〜グッド(上向き矢印)

映画「アメリ」が大HITした、オデレィ・トトゥのcoco、長年「CHANEL」のミューズを務めた、アナ・ムグラリスのcoco。

違う時代を演じるにせよ、タイプの違う2人がどんなCHANELを演じるのか楽しみー!!!

早く観たいな〜黒ハート


ps 映画「coco CHANEL」に出てくるcocoの人生最愛の恋人、ボーイ・カペル、ファッションコラムニストの中村孝則さんに似ていると思ったのは、私だけでしょうか、、、わーい(嬉しい顔)








posted by takayo at 15:40| Comment(0) | movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
 

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。