ナゴヤの“女磨きマガジン”月刊ケリー

 

2010年12月22日

gourmand diary @ セミナー編

気が付けば、もう師走!!!

1年とは何とも早い事でしょう。。。


とても充実していたのか?、将又、単に歳を重ねただけなのでしょうか???

何事もなく無事に1年を過ごせたのだから、幸せな事は確かですぴかぴか(新しい)



秋〜冬と季節も変われば、お腹の具合も七変化グッド(上向き矢印)


生きる喜び!?、3大欲求の1つ、「食欲」が凄い勢いで頭角を現します!!!


普段、緩みがちなアンテナですが、この時期ばかりはスコブル働きモノ黒ハート

様々な情報を瞬時にcatuch!


今日はそんなgourmandなお腹満腹ぴかぴか(新しい)&胸一杯のセミナーのご紹介るんるん


ヒルトン・ホテルのpommery・barで定期的に行われているchampagne nightを楽しんだり、

ihone 118.JPG



このblogでも定例になりつつある、「チーズセミナー」

毎年12月は「チーズ・フォンデュ」が繰り広げられますぴかぴか(新しい)

2010 12 030.JPG


2010 12 037.JPG


抑々、チーズフォンデュとは、


「日本:お鍋=スイス:チーズフォンデュ」


この様な図式が出来上がってしまう程、スイスではポピュラーな家庭料理なのですぴかぴか(新しい)


細かくcutされたチーズは、


チーズサロン 2 (1).JPG


愛情タップリ注いで、8の字を描くようにグルグルと。

今年もトビッキリ美味しいフォンデュに出会いました黒ハート


一家に一台!?=鍋奉行が居るように、本場スイスでもこの時ばかりは「フォンデュ奉行化」してしまう一家の主。


「アルプスの少女ハイジ」のおんじの様に、寡黙にチーズの番をしているのでしょうか???



斯く言うこの現象は、万国共通の方程式の様ですねわーい(嬉しい顔)


そして、「チーズの真珠」と称賛されている、「モンドール」。

今も尚、フランス・コンテ地方で8月15日〜3月15日までしか製造されない、季節限定のチーズ。

12月頃が最も美味しく食べられるらしく、この時期のデパートのチーズ売り場で、説明を聞き検討している方達が多く見られます。


そんな贅沢なモンドールが今回はお目見えるんるんるんるん


2010 12 043.JPG

こちらは「フォン・ドール」と云って、ワイン&ガーリックを加えたモンドールを丸ごとフォンデュにしてしまう、何とも大胆&贅沢な代物!


今回は、フォンドールを含め、全部で5パターンのチーズ・フォンでデュを堪能ハートたち(複数ハート)


モンドールが「チーズの真珠」なら、「スイスチーズの王様」と名高い「グリュエール」、「スイスチーズの女王」と称する「エタンメール」。

将又、「チーズ界のプリンス」と喝采を浴びる「ボーフォール」等々。


これだけ形容詞が連呼されると、ツッコミたくなりますが、バラエティーに富んだ美味なるフォンデュ・パレードを堪能したのであります。


食事の最後のdessertはハートたち(複数ハート)


勿論コレぴかぴか(新しい)


2010 12 045.JPG

「マスカルポーネのキャラメル・モカフォンデュ」

チーズ・セミナーなだけに、最後の一滴までチーズ入りなのでございます!


お見事ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)



今回一番お気に入りのフォンデュは、日本酒を使用した「フォンデュ・ジャポネーズ」。


なんと此方、フォンデュ薬味味をトッピングしてしまおうるんるんと、何とも斬新な試み。


そのお味は、、、。

目から鱗!!!


美味しゅうございます〜グッド(上向き矢印) (by 岸 朝子 女史)


個人的には、柚子胡椒、青のり、アラレがお気に入りでしたわーい(嬉しい顔)



次なるセミナーは、

リル (2).JPG


もうお気づきの方も多いのではわーい(嬉しい顔)



ミッドランド スクエア42F 「オーベルジュ・ド・リル」で開催されたワインセミナーにお邪魔してきましたわーい(嬉しい顔)


初めて参加しましたが、こちらワインセミナーと唱ってはいますが、グループ事にテーブルセッティングされていますので、セミナーと云うより、普通にお食事を楽しみに来た感覚ですわーい(嬉しい顔)


勿論ドレスコードがある訳ではないのですが、タキシード&イブニングドレスリボンとdress upを楽しんで参加している方もみえました。


頂きです!

私も次回はそうしようるんるん


今回のメニューはコチラッ目

リル menu.JPG



約100年の歴史を持ち、1967年からミシュラン3つ☆を守り続ける、オーベルジュの名の通り、美味しいお料理と、それを引き立てるお酒バー


ん?

今回はワインがメインなので、その逆なのでしょうか???


素敵なマリアージュが響きあい、アルコールもグルんぐるん廻ります。


シャンパンで始まり〜錚々たるワイン達がお目見えですぴかぴか(新しい)


ソムリエの方が説明して下さるのだけど、新参者の私には???


ヴァルカナイズ 011.JPG


しかも、通常のセミナーとは違い、グラスが空く度に新たにサーヴしてくれるので、飲み過ぎちゃいますわーい(嬉しい顔)


お酒は好きなのだけど、基本的に弱いので3杯目でには目の前が霧繁っていましたが、、、ふらふら



鱸のポワレ

リル 4.JPG


香り豊かなバターの風味と云い、優しい中にも深みの有る、白隠元豆のラグーと云い、筆舌し難いのですが、ホッとする美味しさですぴかぴか(新しい)


メインは、

リル 3.JPG


柔らかな仔牛のお肉に濃厚なフォアグラ♪

黒胡椒の香りがアクセントとなり、お腹が満腹になりつつも、gourumandな私は余す事無くペロリグッド(上向き矢印)



お料理の味も然る事ながら、やはりこの空間にもウットリで、窓の外には素敵な夜景がキラキラとぴかぴか(新しい)



身も心も、そしてお腹も満腹なセミナーなんて最高ですよねグッド(上向き矢印)



















posted by takayo at 01:05| グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。